Think rich

営業部

資産づくりの良きパートナーとして貢献、
お客様の歓びが大きなやりがいにつながる。

高橋 洋行TAKAHASI HIROYUKI

TAPPを選んだ理由

TAPPを選んだ理由

重視したのは自分の価値が見いだせること。

TAPPで働きたいと思ったのは、明確なビジョンに惹かれてのことでした。ミッションの「利益を出すパートナーになる」やバリューの「わくわく」「すぐやる」「やり切る」といった姿勢に心が動きました。前職は大手の信販会社で営業をしており、いわゆるBtoBのビジネスでした。
これまでとは全く違う環境で仕事をしたいと思ったのは、大手のような多くの人が働き、部門ごとにしっかりセグメントされた組織で働くより、もっと自分の価値が見いだせる環境で働きたいと思ったのと、BtoCビジネスに就きたいからでした。不動産投資という未知の分野でしたが、営業経験も生かせるし、こういうビジョンのある会社なら面白い仕事ができるのではないかと感じたのが大きかったですね。

私のGo Crazy

私のGo Crazy

重要なのは、購入までのプロセスを明確にすること。

私たちの仕事は、物件を売るまでのプロセスこそが大切だと感じています。なぜなら、お客様の資産づくりをお手伝いすることが物件購入の目的だからです。お客様が資産づくりを希望して、数ある選択肢の中から不動産投資を選ぶプロセスの中、私たちはお客様と一緒にベストな方法を考え、その上で自分がご提案した不動産投資を選ばれた時のうれしさはひとしおです。
お客様の資産づくりに貢献できた歓びもありますが、その後でお客様から提案したものを選んでよかったと感謝の言葉をいただくなど直接声が聞けたときほど、営業の仕事をやってうれしかったことはありません。BtoCビジネスだから味わえる感動かもしれません。これが私の最もワクワクすることです。また営業は一人で仕事をすると思われがちですが、仕入れ部、業務部マーケ部と、他の部署と連携して行うチームプレイだと思っています。契約が取れずに沈みがちのときもそうした仲間からアドバイスや叱咤激励をもらい勇気づけられることも多々あります。

私のThink Rich

不動産投資のイメージをもっとポジティブにしていく。

最近、老後に2000万円が必要だということがニュースなどに流れ、投資に対する関心が高まりだしてきました。それでも不動産投資に対する抵抗のようなものは少なからずあって、私はそのイメージを良いものにしていきたいと思っています。
TAPPの社員は不動産業界の経験者ばかりではありません。私のようにビジョンや社風、文化に魅せられて働いている人がたくさんいます。従来からのステレオタイプのような価値観や考えにとらわれずに仕事をしていける会社です。大手だから老舗だから安心、ベンチャーは不安というお客様もいるかもしれませんが、私が担当したお客様の中には、TAPPのビジョンや成長力に共感してパートナーして選んでくださった方もおられます。こうしたお客様をひとりでも多く増やしていきたいと思っています。

ONE DAY

1日のスケジュール

  • 13:00

    昼礼

  • 14:00

    商談準備

  • 16:00

    先輩に同行してもらい商談

  • 18:00

    休憩

  • 19:30

    セミナー参加

  • 20:30

    個別相談会スタート

  • 21:30

    振り返りをまとめて帰宅

ONE DAY 1日のスケジュール

NEXT CONTENTS