Think rich

ソリューション事業部

やってみないと分からない、
冒険する気持ちで臨んでいる。

K.MIYATA

TAPPを選んだ理由

TAPPを選んだ理由

社長の言葉が心に刺さった。

大学1年の時に、宅地建物取引士の資格を取得していたこともあって、最初から不動産業界に絞って会社を探しました。ただ、大手や有名企業よりもベンチャー企業を志望していたのですが、その理由は広い裁量で仕事を任せてもらえる点です。少しでも早く成長したいという思いが強かった。その意味でTAPPは希望を叶えられそうな会社でした。
その思いがさらに強まったのは、会社説明会に参加した後ですね。会社の‘今っぽい’雰囲気に惹かれました。‘今っぽい’というのは現状に即しながらも、未来への希望や明るさがあるというイメージです。入社の決め手になったのは面接での山地社長の「判断のスピードが速い人は伸びる」という言葉ですね。心に刺さりました。

私のGo Crazy

私のGo Crazy

新しいことを吸収していくうれしさ。

内定をいただいたうれしさもあり、その日からインターンとして働くことを志願しました。配属されたのはソリューション本部という部署です。ここで業務の仕事を担当しています。業務は不動産購入の契約やそれに必要な審査など契約の最終段階に関わる仕事です。
宅地建物取引士の資格は取っていたものの、仕事内容や知識は初めてのものばかりで、正直戸惑いもありましたが、やってみないと分からないと腹をくくり冒険する気持ちで臨んでいます。ゼロからのスタートですが、先輩方がやさしく手取り足取りみっちりと教えてくれることもあって、新しいことをどんどん学んで吸収できていることにわくわくしています。

私のThink Rich

新入社員の手本になれるくらいのプロになる。

業務の仕事は、お客様と金融機関の間に立って、融資の契約が成立するよう導く重要な役割を担っています。そのため、お客様を正確に審査する、見極める目を持つことが求められます。今はその目を養うことが最大の私のミッションですね。お客様の資産状況や勤務先の動向などあらゆる情報を収集して精査した上で判断しますので、やはりプロフェッショナルなスキルを早く身につけて活躍したいです。
これからTAPPが業務拡大すれば、担当する件数も増えて任せてもらえる仕事も増えるので力を発揮したいですね、将来新卒が入社した時には、僭越ですが手本になれるような社員になっていたいです!

ONE DAY

1日のスケジュール

  • 10:00

    契約促進課打診のお手伝い

  • 12:00

    ランチ

  • 13:00

    物件資料の準備

  • 14:00

    重要事項説明の練習

  • 15:00

    契約同行

  • 17:30

    各種資料作成

  • 19:00

    帰宅

ONE DAY 1日のスケジュール

OTHERS

その他のインタビュー

NEXT CONTENTS